2012年02月07日

国際調査機関のサーチレポート作成に関して

国際調査機関は、単一性を満たしているクレームに対して調査を行い、単一性を満たしていないクレームに関しては出願人は追加手数料を支払うことで調査をしてもらうことができます。(条17(3)(a)、法8(4))
また、出願人が発明の単一性の欠如に関して異議がある場合には、追加手数料を支払い追加手数料異議申し立てをすることができます。
(規40.2(c)、法施44(1))
国際調査報告書では引用文献としてX,Yのチェックがついている文献に関しては検討をする必要があります。
ラベル:6-G-30
posted by おひさま at 19:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PCT出願 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

均等論(ボールスプライン事件)

「特許請求の範囲に記載された構成中に対象製品等と異なる部分が存在する場合であっても、
1)右部分が特許発明の本質的部分でなく
2)右部分を対象製品等におけるものと置き換えても、特許発明の目的を達成することができ、同一の作用効果を奏するものであって、
3)右のように置き換えることに、当該発明をする技術の分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という)が、対象製品等の製造の時点において容易に想到することができたものであり、
4)対象製品等が特許発明の特許出願時における公知技術と同一又は当業者がこれから右出願時の容易に推考できたものでなく、かつ、
5)対象製品等が特許発明の特許出願手続において特許請求の範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情もないときは、
右対象製品等は、特許請求の範囲に記載された構成と均等なものとして、特許発明の技術的範囲に属するものと解するのが相当である。」

上記判決が、読み辛いのは原告側と被告側の立場が混在しているから。1-3は、被告側の立場で書かれ、4-5が原告側の立場で書かれています。
ラベル:6-G-42
posted by おひさま at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本特許法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。