2012年01月27日

法改正前の§102(a)

米国特許法での法改正で先発明主義から先願主義に移行することが決定しました。
旧法の102(a)では、発明がの他人により知られていたり使用されていることはthis countryと米国国内に限定されてました。一方で、印刷物での公開はこの国(米国)及び海外となってました。
A person shall be entitled to a patent unless -
(a) the invention was known or used by others in this country, or patented or described in a printed publication in this or a foreign country, before the invention thereof by the applicant for patent,
ですので旧法では例えば日本での展示会などで公知になったとしても102(a)には該当しません。
ラベル:10-G-33
posted by おひさま at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国特許法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。