2012年02月03日

欧州特許出願時の言語

欧州特許の公用語は、英語、フランス語、ドイツ語のいずれかです。各国移行時に例えば英語で出願した場合はドイツ語やフランス語の翻訳文の提出は必要ありません。昔は、ドイツやフランスを指定すると翻訳文の提出の義務があったのですが。ただし、クレームだけは翻訳文の提出が必要です。
あと、日本語で出願することもできます。この場合は、出願から二ヶ月以内に翻訳文の提出が必要です。
posted by おひさま at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州特許法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。