2012年02月07日

国際調査機関のサーチレポート作成に関して

国際調査機関は、単一性を満たしているクレームに対して調査を行い、単一性を満たしていないクレームに関しては出願人は追加手数料を支払うことで調査をしてもらうことができます。(条17(3)(a)、法8(4))
また、出願人が発明の単一性の欠如に関して異議がある場合には、追加手数料を支払い追加手数料異議申し立てをすることができます。
(規40.2(c)、法施44(1))
国際調査報告書では引用文献としてX,Yのチェックがついている文献に関しては検討をする必要があります。
ラベル:6-G-30
posted by おひさま at 19:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PCT出願 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。