2012年02月21日

国願法とPCTと特許法184条

上記三つの法律は、何も特許協力条約に関する法律だが、何故別れているのかわからなかった。特許協力条約は、国際段階と国内段階に分けられるが、国際段階の法律が特許協力条約で、国内段階の法律が特許法184条で、日本特許庁が国際調査機関として機能する為の法律が国願法の模様。
posted by おひさま at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。